内田篤人の引退理由は?2014年のハノーファー戦が原因だった!?

試合後の内田篤人

元日本代表でイケメンサッカー選手として知られる内田篤人選手が2020年8月20日に現役引退を発表しました。

まだまだ現役として活躍できる年齢での現役引退発表にネットでは驚きと悲しみを隠せない人が多くいますが、

内田篤人選手の引退理由は2014年2月9日に行われたシャルケ対ハノーファー戦での怪我が原因ではないかと言われています。

今回はそんな内田篤人選手の現役引退理由について調査して見ました。

スポンサーリンク

内田篤人が引退を発表!

試合中の内田篤人

引用:twitter

2020年8月20日に鹿島アントラーズに所属している元日本代表の内田篤人さんが現役引退を発表しました。

内田篤人選手の突然の引退発表にネットでは引退を悲しむファンの声が多く寄せられているようです。

まだまだ現役として活躍できる年齢にも関わらず引退を発表した内田篤人選手の引退理由とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

内田篤人の引退理由は右膝の怪我!?

コートに座る内田篤人

引用:twitter

内田篤人選手の引退理由を調べて見たところ公式には発表されていないものの、どうやら右膝の怪我が原因ではないかと言われています。

内田篤人選手は2014年のシャルケ時代に右膝を負傷し、【右膝裏の腱損傷】全治3ヶ月と診断を受けていました。

内田篤人選手はその後2015年6月に右膝の手術を受けたようですが、最終的に右膝の怪我が1番の引退理由ではないかと思われます。

2014年に負傷した右膝の怪我が引退に繋がることになるとは当時誰も考えてはいなかったでしょうね…。

内田篤人の引退理由は2014年のハノーファー戦が原因だった!?

コートに倒れ込む怪我をした内田篤人

引用:twitter

内田篤人選手の引退理由である右膝の怪我は2014年2月9日に行われたシャルケ対ハノーファー戦が原因のようです。

後半43分で内田篤人選手がボールを蹴っていたところで右膝に不調が起きたことがきっかけで、内田篤人選手自ら交代を申し入れました。

最初の診断結果は【右太腿の肉離れ】だったそうですが、改めてシャルケのチームドクターに診断をしてもらったところ右膝の腱がないことを指摘されたそうです。

その後、鹿島アントラーズのチームドクターからも【右膝裏の腱損傷】と診断されましたが、2014年のブラジルW杯に出場する為に手術を見送っていたようです。

内田篤人選手は2015年6月に右膝の手術を行なっていますが残念ながら2020年8月20日に引退をすることとなりました。

ネットの声

スマートフォンとsnsの付箋

内田篤人選手の現役引退についてネットの声をまとめて見ました。

内田篤人選手の現役引退にネットでは驚きと共に寂しさや残念がるコメントが多いようです。

日本中から愛された内田篤人選手の現役引退はとても残念ですが、これからはまた別の環境で更に活躍をしていって欲しいと思います。

スポンサーリンク