パットン投手をクビにしろ!成績悪過ぎで契約更新は絶望的!?

野球のユニフォームを着たパットン投手

横浜DeNAベイスターズのスペンサー・パットン投手をクビにしろとネットで話題になっています。

実はパットン投手の2019年・2020年の成績はあまりいいと言えるものではなく、2021年の契約更新は絶望的ではないかとも言われています。

ネットでも、

パットンをクビにしろ!

パットンを2軍に落とせ!

非難殺到の嵐です。

今回は、そんなスペンサー・パットン投手に対するネットの声をまとめてみました。

スポンサーリンク

パットン投手をクビにしろ!

青いユニフォームを着たパットン投手

引用:Wikipedia

横浜DeNAベイスターズのスペンサー・パットン投手をクビにしろ!という声がネットで上がっています。

パットン投手の2019年・2020年の成績はあまりいいと言えるものではなく、ファンの間でもパットン投手の不調ぶりに悩まされているようです。

実際にパットン投手の2019年と2020年の防御率は、

2019年:5.19

2020年7月現在:7.20

と、横浜DeNAベイスターズに入団した2017年当時の防御率2.70と比べると成績が悪くなっていることがわかります。

横浜DeNAベイスターズファンからしてみれば成績悪化のパットン投手をクビにして欲しいと思ってしまうのは仕方のないことかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

パットン投手のクビを求めるネットの声

スマートフォンとsnsの付箋

ネットではパットン投手の成績の悪化からパットン選手のクビを求める声が相次いでいるようです。

今日の敗戦はあまりにも酷い。パットンこと冷蔵庫をクビにしろ。
午後10:14 · 2020年7月26日Twitter for iPhone
パットンもヤスアキもクビにしろ役立たず
午後9:05 · 2020年7月26日Twitter for iPhone
パットン大炎上 本当クビでええわ
午後8:29 · 2020年7月26日Twitter for iPhone
パットン今年よく打たれるなぁ もうクビかしら
午後10:45 · 2019年8月3日Twitter for iPhone
パットン投手のクビを求める声はやはり不調が出始めた2019年頃からチラホラ出ていたようです。
 
ちなみに冷蔵庫を殴って骨折したパットン投手に対し、ベンチの雰囲気を壊すならクビにしてもらいたいと言う声もありました。
 
高い年棒を払っているのにも関わらず成績が悪い年が続くとなるとファンの皆さんもクビにした方が…。
 
と、思ってしまうようです。
 
スポンサーリンク

パットン投手を2軍に落として欲しいと言うネットの声

スマートフォンとsnsの付箋

実は、パットン投手をクビにして欲しいと言う声だけではなく、調子が悪いのであれば一旦2軍に落として欲しいと言う声も上がっています。

クビにしろ!とまでは言わないが1度2軍に落ちて調整をして欲しいと思っている人も多いようですね。

何度でも言う。 パットン、ヤスアキ、嶺井こいつら2軍で一回お勉強してきてくれ 頼むからお願いします。 現状はこいつらいたら優勝なんて夢のまた夢です。

パットンもヤスアキも到底8、9回任せられる状態でないし一回2軍に落とした方がいい

とりあえずパットンは2軍でいいのでは?上げる投手がいないかもですが(苦笑)。

マジでパットン二軍行って欲しい。球はいいけど打たれてたらしょうがないだろ笑笑

パットン投手を二軍に落として調整させた方がいいと思っている方も多いようですが、パットン投手の代わりになる他の投手はいるのでしょうか…。

しかし、このまま調子が悪い状態で1軍で投げ続けても戦力にはならない気もします。

パットン投手の成績が悪過ぎで契約更新は絶望的!?

ボールを投げるパットン投手

引用:twitter

パットン投手の2019年・2020の成績を見ると2021年の契約更新は絶望的ではないかと言われています。

パットン投手は2018年11月25日に横浜DeNAベイスターズと1億6000万円の年棒で2年の契約を結んでいます。

DeNAがスペンサー・パットン投手(30)と来季以降の選手契約を結んだことを25日、発表した。年俸は1億6000万円。契約期間は異例の2年で、20年までとなる。
今季58試合に登板し5勝1敗33ホールド、防御率2・57。好待遇は評価と期待の裏返しでもある。パットンは「再び横浜に戻ることができ私自身、家族もうれしく思っています。リーグ優勝、日本一に貢献できるよう努力していきます」とコメントした。

引用:日刊スポーツ

恐らくパットン投手はこのまま不調が続くと、契約が切れる2020年で更新はされないであろうと言われています。

登板数契約があるのではないかと言う噂もあるので、2020年の契約が切れるまでは何度か登板するかもしれないですね!

パットン投手をクビにしろ!失点多過ぎで契約更新は絶望的!?まとめ

2019年から不調が続いているパットン投手ですが、今すぐクビを宣告したところで契約違反となり違約金が発生する可能性もありますし、

パットン投手を2軍に落としたところで変わりの投手がいないという問題も出てきます。

2020年のシーズンでパットン投手は契約が1度切れるので今後の横浜DeNAベイスターズとパットン投手の動向に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク