17連休中の給料はどうなる?給付金2回目の受給は年末年始に貰える?

お金と計算機

新型コロナウイルス感染拡大防止を防ぐために年末年始の連休を2021年1月11日までの17連休にすると発表されましたね!

ネットでは、17連休のも長期休みの発表に関して非正規社員の給料を心配する声が上がっています。

年末年始の17連休の長期休暇は日給や月給で働いている人たちからしてみたら給料が少なくなることも考えられます。

そして、噂されている2回目の特別給付金の受給は年末年始に貰えるのかなどと言った声も上がっています。

今回はそんな2020年・年末年始の17連休の給料はどうなるのかについて調査してみました。

スポンサーリンク

17連勤中の給料はどうなる?

現金を財布の中に入れている画像

年末年始の17連休中の給料はどうなるかと心配する声がネットで上がっています。

政府が2020年12月26日から2021年1月11日まで新型コロナウイルス感染拡大防止の為17連休を企業に要請すると発表されました。

今年の年末年始は、前代未聞の“大型連休”になりそうだ。23日、西村康稔経済再生担当相が、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために年末年始の休みを1月11日の成人の日まで延ばすよう、企業に要請すると発表した。  来年は1月3日が日曜のため、本来、仕事始めは翌4日。6連休のはずだった。ところが、12月29日(火)から1月11日(月)まで休みとなると14連休となる。12月28日(月)も休んでしまえば一気に17連休である。

引用:Yahoo News

17連休という長期休暇に関して、様々な意見が飛び交っていますが、中でも17連休中の給料はどうなるのかと言った心配の声が多く上がっているようです。

確かに、日給や月給などで働いている非正規の方達は長期休暇によって受け取れる給料の金額が少なくなる可能性が高いです。

17連休中の給料保証に関しては、企業ごとに方針が変わってくることが予想されます。

17日間仕事がないということは月の半分仕事をしていない状態ということなので生活が苦しくなることは目に見えていますよね…。

スポンサーリンク

17連休中の給料に関するネットの声

スマートフォンとsnsの付箋

年末年始の17連休中の給料についてネットの声をまとめてみました!

https://twitter.com/hk51415141/status/1320508351483052032

確かに正規雇用の方達は17連休を満喫したとしても給料は支払われますが、

非正規の人たちからしてみればただただ給料が少なくなり生活苦になることはめい見えていますよね…。

スポンサーリンク

給付金2回目の受給は年末年始の貰える?

大量の硬貨

17連休の長期休暇の要請を受けて2回目の特別定額給付金は年末年始に貰えるのかと言った声も上がっています。

2回目の特別定額給付金に関して菅総理大臣は、

菅首相(当時官房長官)は、首相に就任する直前の13日、中小企業や国民への追加給付について「必要であればしっかり対応したい」と述べました。
検討している給付金の詳細な説明はなかったものの、1人につき10万円を給付する「特別定額給付金」の再給付の可能性も示唆したものとみられています。

引用:口コミラボ

と、2020年9月13日に発言されています。

特別定額給付金が年末年始の17連休の要請によって貰えるかどうかは今のところ不明ですが、

お金がなかったら例え17連休になったとしてもどこにも遊びに行けないですし、生活すら出来ないのではないでしょうか。

特別定額給付金に関しては、15万円、10万円、5万円、更には2回目の特別定額給付金の説すら無くなったなんて言われていますが、

17連休の要請をするならばそれなりに保証をしてくれないと困りますよね。

今後年末年始の17連休については更に政府と国民の意見が衝突していきそうです。

17連休の年末年始は学校も休校!?政府のコメントから推測してみた!

2020.10.26
スポンサーリンク